支援の輪 ~瓜連中学校募金活動報告~

いつも沙織さんを救う会の活動に、ご理解とご協力を賜りましてありがとうございます。

 

一昨日、ご自身が通われる学校へ募金活動を提案してくださった友部ひよりさんのお母様より、瓜連中学校様での2週間の募金活動が無事終了したご報告を頂きました。

改めて「支援の輪」としてご報告させて頂きます。回収した募金箱と一緒に預かった瓜連中学校のお便りを最後に投稿させて頂きます。

 

ひよりさんはしっかりと責任感を持ち、2週間朝早くから、募金を毎日行ってくれたそうです。その他ひよりさんの気持ちに応えてくれた、ご友人や先生方が期間中は募金活動に協力してくれていたそうです。

毎日、募金をしてくれた生徒さんがいたり、「沙織さんが早く良くなるといいね」と声をかけてくれた生徒さんがいたりと、中学校全体で募金活動の輪が広がり、たくさんの募金をいただきました。ひよりさんのお母様も娘に貴重な体験をさせてもらえたこと、有難いと言ってくださいました。

またひよりさんのお母様も、瓜連中学校の先生から、生徒達にとても貴重な体験をさせてもらいましたと、感謝されたそうです。本来なら、私達が感謝する立場であるのに、協力していただいた側よりこの様な言葉をかけていただき、ますます力をいただいた気がします。

 

募金にご協力して下さった皆さまをはじめ、活動の場を設けて下さった瓜連中学校の皆さま、 一緒になって募金を募って下さった皆さまや、募金と共に優しい声をかけて下さった皆さま。そして、2週間最後まで沙織さんのために先頭に立ってくれたひよりさん。お一人お一人にこの場をおかりして感謝申し上げます。

皆さまのあたたかい支援の輪が、
闘病する沙織さんが生きる為の励みとなるはずです。
ご協力本当にありがとうございました。