常陸大宮・ひたちなか市産業交流フェア・流山おおたかの森駅 平成29年11月4日(土)

いつも沙織さんを救う会の活動に、ご理解とご協力を賜りましてありがとうございます。平成29年11月4日(土)常陸大宮・ひたちなか市産業交流フェア・流山おおたかの森駅にて行われました街頭募金活動について報告させていただきます。

@常陸大宮:50,187円
@ひたちなか市産業交流フェア:166,847円
@流山おおたかの森駅:127,233円

 

《常陸大宮》
本日は常陸大宮市内で募金活動をさせて頂きました。
常陸大宮では、初めての募金活動でしたが、「募金活動を見るにたびに募金してるよ」「応援してます」とたくさんのあたたかいお言葉を頂きました。沙織さんと同じように心臓を患って通院を続けている方から、「気持ちはすごくわかるよ、ちゃんと届けてくれよ!」と激励の言葉と募金をいただきました。
私たちは沙織さんのため、日々活動を続けておりますが、同じように病気で苦しむ方がたくさんいる。そして、その境遇の方でないとわからないこと、感じ、考えることのできない思いがあるんだな。そういうことも胸に、今後の活動に取り組んで行きたいと考えました。

また、敷地内の店舗の方が私たちの募金活動を見て、即席でPR用の看板を作って下さいました。いつもより少ないメンバーでの活動でしたので、とても心強い味方となりました。皆様のあたたかいお気持ちに感謝の気持ちでいっぱいです。今後も引き続き1日も早い渡米に向けて活動していきますので、ご協力よろしくお願い致します。友人*三浦

 

《ひたちなか市産業交流フェア》
本日はひたちなか市総合運動公園にて実施された産業交流フェアにて募金活動をさせて頂きました。2週間ぶりに天候にも恵まれ、頑張るぞっ!と友人達と声を掛け合い活動を始めました。
会場はとても広く沢山の出店や催し物があり、その中でより多くの方に活動を知って頂きたく、友人と2人で会場内を歩きながら募金の呼びかけを転々とさせて頂きました。
たくさんの方が、募金活動のパネルを見て、呼びかけの声を聞いて下さいました。ですが中々募金として結び着けることが出来ず、どうしよう。皆んなが活動している所に戻ろうかと思った時、側でBQグルメの宣伝をされていた青年部の方が「沙織さんの募金にも、ご協力お願いします!」と突然呼びかけて下さいました。その青年部の方は「友達?そうか。俺の心臓をあげられるなら助けてあげたいよ」と私達に話しをかけて下さいました。そのと何気無い言葉が胸に響き、涙が止まりませんでした。青年部のテントにも連れて行って下さりたくさんの方々に協力を募って下さいました。本当にあの時声をかけて下さって、「若い命を助けてあげて下さい!」と呼びかけて下さって、勇気付けてくださって、ありがとうございました。

泣いてる場合じゃない。この貴重な時間は無駄にしちゃいけない。友達を助けたい。声を出して、気持ちを伝えなきゃと思いました。
その後、たくさんの方々が募金をして下さいました。お子様の団体様も募金をする!と協力して下さいました。書ききれないほどの温かいお言葉と応援を頂きました。
募金に協力して下さった皆様をはじめ、青年部の皆様、今回の募金活動の実施にご尽力下さいました出展社の企業様、この場をお借りして皆様に心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。友人*宮谷

 

《流山おおたかの森駅》
本日は流山おおたかの森駅で活動させて頂きました。
久しぶりに気持ちの良い晴れの休日で、多くの方に募金をして頂きました。息子さんが沙織さんと同じ高校に通っていますと仰ってくれたり、私の子供も幼い頃に心臓の手術をしましたと、声をかけて下さる方もいました。暖かい言葉と共にご協力して頂いた皆様、本当にありがとうございました。本日、近くではイルミネーションの点灯式がありました。寒い冬が近づいていますが、より一層沙織さんのために頑張りたいと思います。 皆様、引き続きご支援下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。
友人*佐藤

#常陸大宮
#ひたちなか市産業交流フェア

#流山おおたかの森駅

 

ボランティアの方を募集しております。

少しでもご協力頂ける日時がございましたら、ぜひご連絡ください。

また、募金活動場所のご協力も募集しております。

電話:029‐215-9651

E-mail:savesaori@clock.ocn.ne.jp

Facebookでのメッセージでも受け付けております。何卒よろしくお願い致します。