いばらきまつり・ひたちなか市産業交流フェア・流山おおたかの森駅 平成29年11月5日(日)

いつも沙織さんを救う会の活動に、ご理解とご協力を賜りましてありがとうございます。平成29年11月5日(日)いばらきまつり・ひたちなか市産業交流フェア・流山おおたかの森駅にて行われました街頭募金活動について報告させていただきます。

@いばらきまつり:123,930円
@ひたちなか市産業交流フェア:115,368円
@流山おおたかの森駅:175,552円

 

《いばらきまつり》
本日、いばらきまつりにて募金活動を行わせて頂きました。
小学生の女の子が何度も募金をしてくださり、「時間があるから!」と急遽募金活動に参加して下さいました。その優しい気持ちに癒されました。
また、ボランティアで親子で参加してくださった方もいらっしゃり、そのお友達も一緒に募金活動に参加して下さいました。
更に、ライオンズの皆様も募金活動を手伝って下さり、沢山の方々に募金をして頂きました。
募金をして下さる方の中に「わたしも心臓を手術したのよ。頑張ってね」「元気にしてあげてね」と嬉しいお言葉をかけて下さる方も多くいらっしゃり、活動の励みになりました。
本日もあたたかいご支援、ご協力ありがとうございました。

また、いばらきまつりで募金活動を行うにあたり、活動の依頼をして下さったボランティア様、いばらきまつり関係者の皆様に心より感謝申し上げます。友人*宮本

 

《ひたちなか市産業交流フェア》
昨日に続き本日もひたちなか市産業交流フェアにて募金活動を行いました。たくさんのお店が出店し、Bー1グランプリやライダーショー、上棟式など様々な企画が催され、お子様連れからご年配の方、ペット連れの方など幅広い年齢層の方で会場は賑わっていました。
小学生のお子様が自分のお小遣いから募金してくれる姿や、看板を見て立ち止まり募金して下さる方もいらっしゃいました。

また、小学生のお子様と「この子も小さい時から心臓が悪くてペースメーカーを入れてるの、だから気持ちが分かるわ」とお話してくださったお母様がいました。絶対大丈夫だからと励ましの言葉を頂き胸が熱くなりました。たくさんの方の「がんばれ!」「早く元気になりますように」というお言葉に力が湧きました。他にも出店者の方からも募金をして頂きました。本日もたくさんの方に御協力頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
募金活動の実施に御協力頂きました出展社の企業様、ひたちなか市商工会の皆様ありがとうございました。友人*小田

 

《流山おおたかの森駅》
流山おおたかの森では、本日「どけんまつり」が開催されていました。祭りへ行く家族連れの方々が多く、昼間はたくさんの方にチラシを受け取っていただきました。祭りが終わり夕方になると昼にチラシを受け取ってくださった方々が通りかかり多額の募金をしてくださいました。また、何組もの部活帰りの元気な学生達も少ないですが…と募金をしてくださいました。今までほとんどが大人の方からの募金でしたが、最近では学生からの募金が増えています。小学生が小さなコインケースからお金を出して募金してくれるのを見ると、とても胸が熱くなります。本日も寒い中足を止めてくださった多くの方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。友人*小島

#いばらきまつり
#ひたちなか市産業交流フェア
#流山おおたかの森駅

ボランティアの方を募集しております。

少しでもご協力頂ける日時がございましたら、ぜひご連絡ください。

また、募金活動場所のご協力も募集しております。

電話:029‐215-9651

E-mail:savesaori@clock.ocn.ne.jp

Facebookでのメッセージでも受け付けております。何卒よろしくお願い致します。